外壁塗装

  1. 壁の日常のお手入れ方法

    前回は乾式工法、湿式工法の外壁材についてご説明しました。今回は壁材の種類ごとの日常のお手入れ方法をご紹介します。 ◎漆喰壁のお手入れちょっとした汚れはカッターナイフやサンドペーパーなどで表面を削って消してしまいます。子供がマジックなどで落書きした場合はこのように簡単に処理できます。

  2. 外壁材の種類と特徴 ~湿式工法~

    前回は乾式工法の外壁材についてご説明しました。今回は湿式工法についてご紹介します。 ◎湿式工法湿式工法とは、水を加えて練り混ぜた材料を、乾燥硬化によって定着させる工法です。

  3. 外壁材の種類と特徴 ~乾式工法~

    外壁は住まいを印象付けるとともに、わたしたちの暮らしを守る大切な役割を果たしています。強い日差しや風雨にされされるので、デザイン性だけでなく、耐久性などの機能も重視して選びたいですね。一口に「外壁」といっても様々な種類があります。種類によって価格や特徴も様々。代表的な外壁塗装材をご紹介します。

  4. 塗装のトラブルに合わないために注意してほしいこと

    このブログでも何度か紹介したように、外壁は常に雨、風、太陽にさらされています。きちんと塗装をしていても10年ほどしかもたないのが普通。しかし、手抜きのいい加減な塗装をされると、早ければ一年も経たないうちに塗装が剥がれてしまいます。

  5. 山梨県甲斐市の塗り替えリフォーム | ヤマシタ塗装

    塗装で色を塗り替えるだけで、その建物の印象はずいぶん変わります。ただ見た目をきれいにするだけが塗装ではありません。家を長持ちさせるのに欠かせないのが、塗装なのです。もし塗装をしないとどうなるのでしょうか? 木造や鉄筋コンクリート造りの住宅で考えてみましょう。

  6. 塗り替えリフォーム成功の秘訣 失敗しない会社選び

    そろそろ塗り替えをしよう!と思っているあなた。ちょっと待ってください。施工や外装リフォームを依頼しようとしているその業者は、本当に地元にある会社ですか?大切なマイホームの塗り替えを失敗しないためにも、長持ちするためにも、塗装業者を選ぶポイントをご紹介します。

  7. 外壁塗装リフォームのお得な活用術

    外壁塗装はリフォームのメインと言っても過言ではありません。塗装の際には足場を組み立てることがほとんどです。塗り替えだけでも思った以上に大掛かりになってしまうことがあります。そんな外壁塗装の時に一緒に行うとお得なリフォームがたくさんあります。

  8. 失敗しない外壁塗装の色選びのポイント

    ◎外壁塗装の色選びお家の色を変えたい!と思っても、実際どんな色にしたらいいのか、悩みますよね。ただ、好みの色にすればいいというわけでもありません。今回は外壁塗装の色選びのポイントや色が与えるイメージについてご紹介いたします。

  9. どんな症状が出たら塗り替えのタイミング?

    外壁の塗り替え時とはどんなときがタイミングなのかいまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか?どんな痛み方をするのかだけでも知っていれば、いざ自分の家の外壁を見たときに「塗り替えのタイミングなんだ!」と分かりやすくなるのではないでしょうか。

  10. 外壁の種類【タイル壁】

    外壁には何種類かありますが、今回はタイル壁の塗装についてお話します。壁がタイルということは塗装は必要ないのでは?と思いがちですが、それは間違いです。確かに今まではタイル壁は外壁材として使用され、基本的には塗装の対象にはなっていませんでした。

  11. 外壁の種類 【サイディング壁】

    サイディング外壁とは外壁材の一種。鋼板などの金属製やセメント(窯業)系のものまで、種類は多く、そのデザイン性や防火性、工期の短縮などの面で優れており、新築戸建住宅の7割が、窯業系サイディングといわれるほど、現在、最も多用されている外壁材です。

  12. 外壁塗装の色はこうして選ぼう!

    前回塗装の外壁塗装の色選びについてお話しましたが、今回は外壁塗装の色選びのコツをご紹介します。色を選ぶにもコツさえ知っておけば、悩む時間も減り、早い段階でリフォームに取り掛かれます。前回のおさらいを交えると、色は同じ色でも広い範囲で見ると明るく見え、狭い範囲で暗く見えるということ。

  13. 外壁塗装の色選び

    外壁塗装をされる方は「どんな壁の色がいいかな?」と悩むことはないでしょうか?今回はそんな「外壁の色選び」についてお話します。 色を選ぶ際に気をつけていただきたいことは外壁には低彩度の色を選ぶことです。

  14. 塗装は下地処理が大事!

    外壁塗装後に発生するトラブルの原因は80%以上が下地の不良が原因といわれています。外壁塗装というのは表面的な塗装だけではなく、下地処理といって、家そのものを保護するための工夫もされます。木造建築の住宅には下地処理が特に重要です。塗り替えするにはこの下地処理が大事です。

  15. 大切な外壁の日々のお手入れ方法

    みなさんは外壁のお手入れなどしていますか?外壁は酸性雨や直射日光などに日々さらされている分、内装に比べて劣化のスピードも速くなっています。せっかくリフォームして外壁の塗装もきれいになったのに、何年かしてぼろぼろになってしまっていたら残念ですよね。

  16. 塗装業者でよく見る「F☆☆☆☆」ってなんだろう?

    塗装のリフォームを考えている人は塗装業者のホームページを見ますよね。

  17. 塗料のツヤについて

    最近は凝った造りの家屋で、外面を気にされる方が増えてきています。それにより今までは黙っていた塗料の「ツヤ」についてもこだわるようになってきました。 塗料には全部ツヤ消し、3分、5分、7分とそれぞれのツヤ消しタイプがあります。塗料メーカーはできるだけツヤありタイプをすすめています。

  18. 塗料の種類と特性

    前回は塗料の水性系と溶剤系についてご説明しました。今回は塗料の成分の組み合わせによって作られる塗料の種類と特性をご説明します。まずは少しおさらいをしましょう。塗料の成分は塗膜となる成分として顔料、樹脂、添加物があります。その反対に、塗膜とならない成分として溶剤があります。

  19. 家の外壁に関係する塗料について

    今回は一般住宅に関係する塗料について少しお話します。 まず始めに塗料には水性系と溶剤系があることはご存知でしたか?水性系は水で薄められる塗料の総称です。溶剤系はシンナー等で薄める塗料の総称です。水性系塗料・・・臭気が少ないので、環境に優しい塗料。

  20. 外壁塗装の施工実績!

    前回外壁塗装についてお話しましたが、今回は不動産ネット山梨の施工実績をご覧ください。仕上がりのキレイさに見とれてついリフォームしたくなっちゃう!※クリックすると拡大画像が見れます。

おすすめ記事

  1. ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
ページ上部へ戻る