ブログ

通気断熱WB工法とは

これからの季節、家の通気性が気になってきます。
梅雨の時期のじめじめとした空気や、夏の暑いむわっとした気温で家の湿度も高まってきます。
空気のきれいな家はそこに住む人の健康にもつながってきます。

 

通気断熱WB工法とは

通気断熱WB工法とは、住まいの中にある空気を屋外に排出したり、住まいの中に空気を滞留させたりする工法です。
夏は住まいの中にある空気を排出し、冬は空気を滞留させ空気断熱を行います。
気温の変化に応じて空気をコントロールする工法が、通気断熱WB工法です。
気温に対応して伸縮をする形状記憶合金がWB工法の各部品を動かします。

住まいの中で部屋は、外壁と基礎と屋根に囲まれています。
部屋と外壁の間に、空間があります。床と基礎の間にも空間があります。
また天井と屋根の間にも空間があります。
この空間を、部屋ではなく住まいの中にある空間として考えてください。

通気断熱WB工法では、この空間にある空気を住まいの中にある空気としてコントロールします。
部屋の空気は、珪藻土や和紙など透過性の良い内壁を通して、住まいの中にある空気と入れ替わります。

日本の木造建築は、四季の変化の激しい気候風土に順応し、いわば息をする木の恵みを巧みに活かしてきた、世界でも類い稀な優れた建築様式です。
「通気断熱WB工法」は、独自の仕組みにより、「木材の呼吸」を「家自身の呼吸」へと進化させた画期的な家づくりです。

その基本的な仕組みは、「2つの通気層を持つ構造」「透湿性のある部屋壁」「形状記憶合金を用いた通気口の自動開閉装置」という3つの働きにより、
機械や電力などの力を借りずに、夏や冬の気温の変化に自然に反応し、家の中をいつも快適な温度・湿度に調節するというものです。

 

冬の寒い日、人は衣服を重ね着することで (空気の保温層を作り) 暖かさを保ち、夏の暑い日には衣服を脱ぐことにより(風通しを良くし)、通気性を高めます。
人が当たり前のように行っているこの生活様式を住宅に取り入れ、室内温度・湿度を調整し、快適にしようと開発されたのが「通気断熱WB工法」です。
現代住宅の問題点は換気にあり、温度を感知し、自動的に開閉する換気装置や室内に穏やかな対流を起こす室内空気自然循環装置の仕組みが家自身の呼吸を可能にしました。
まるで家が空気清浄機のようになり、私達に健康な生活を与えてくれます。

通気性は家の寿命をきめるだけではなく、わたしたち人の健康にも大きく関わってきます。
本格的な夏が到来する前に、一度家の通気性を確認してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. ◎まるで和モダンをコンセプトにしたデザイナーズマンション!古くなった賃貸マン...
  2. ◎木調と白を基調にした大人のオシャレを追及外観からログハウスのようにも見えるウッディ...
  3. ◎自然豊かなセカンドライフを笛吹市で楽しむ桃源郷「笛吹市」は、“ 桃・ぶどう日本一の...
ページ上部へ戻る