リノベーション」は、建物の持つもともとの性能以上に新たな付加価値を付け加え再生させること。
家を骨組みだけのスケルトン状態にして、間仕切りの変更や水廻りの配管を移動したり、構造補強なども必要に応じて行うので、規模の大きな工事となります。
「リノベーション」はリフォームの役割に「安心・安全」と「付加価値」を追加した『再生』と位置づけられます。

簡単に言ってしまえば中古住宅や中古マンションを購入し、自分好みに内装を変えて、快適に暮らすことです。

リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと。
壁紙の張り替えなど比較的小規模な工事を指します。
壊れたキッチンを新品に取り替えたり、汚れたクロスを貼り替えるのは「リフォーム」にあたります。

国土交通省の定義では

リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
リフォーム=新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)

◎リノベーションのメリット

行政の手続きや解体費が不要で基礎や柱などは再利用することにより、建替えの約半額で新築のようになります。
「見た目」だけでなく、快適で安心して暮らせる住まいを作ることができます。

ライフスタイルに合わせて
家族構成の変化、介護・エコ・ペットなど、現在の様々なライフスタイルに合わせた住まいが作れます。

心地よい住まい
新築はもちろん魅力的ですが、ただ新しいだけではなく温かさや心地のよさが感じられる、居心地の良い空間をもつ建物である、それが長く住む家本来の姿であるはずです。
古いからこそ出すことができる趣を残しながら、生活しやすい間取りに変えたり、古きよき価値観と現代の価値観の融合により「温故知新」をモチーフとした斬新なデザインの住まいを作ることもできます。