大きなものから細かいものまで、大小様々なモノが集まるキッチン。

整理整頓しようとしても、ついついゴチャゴチャしてしまいがちです。

そんなキッチンの収納で一役買ってくれるのが吊り戸棚。
しまう場所に困ったら、とりあえず吊り戸棚にいれちゃう・・・なんてことはないでしょうか?
たしかに収納力はありますが、あまり使わないものが詰め込まれている状態、しかも取り出しにくいということがないでしょうか。

 

人間には自然な動作領域というものがあります。身体に無理な負担をかけないで動ける範囲という意味です。
だいたいヒザの高さから目の高さまでがその範囲です。

普段良く使うものは、簡単に取り出せる位置に収納しておくのが良いです。無理な体勢で取り出したりしまったりしていると、吊り戸棚はだいたい目の高さより上にあり、自然な動作領域から外れているので、

結局は収納するのが面倒になり、出しっぱなし・入れっぱなしの原因になってしまいます。
吊り戸棚は、下端を目の高さより少し下くらいまで下げると、出し入れしやすく使いやすくなります。

良く使うものは自然な動作領域の間に収納する、そうでないものはそれより低い位置・高い位置に分けて収納すると言ったように、使用頻度に分けて収納の高さを考えてリフォームするようにしましょう。

吊り戸棚を存分に活用したい場合にお勧めなのは、電動昇降式の吊り戸棚です。電動の分、通常の吊り戸棚より値段は高くなりますが、吊り戸棚本体が自然な動作領域へ飛び込んできてくれるので、全ての空間が日常使いの収納として活用できます。

 

収納スペースの有効活用とはよく言いますが、使いやすさあってこその収納だということを念頭においてリフォームしましょう!