みなさんのお家の浴室はきれいに保たれていますか?
お風呂の掃除で一番ネックなのが“カビ”ではないでしょうか?
リフォームをしてしまえば長年のカビや汚れは落とせますが、せっかくきれいになったのにまたカビてしまったらもったいないですよね。
今回はカビを事前に防ぐ、防カビ対策についてご紹介いたします。

 

●防カビの要、浴室換気

浴室の換気は浴室の掃除のしやすさと大きな関係があります。
なぜなら、換気が弱く湿気がたまりやすい場所はカビだけでなく、水アカやほこりなども水分を吸収してこびりつきやすくなるからです。
樹脂性やステンレスなど比較的掃除しやすい浴室・浴槽でも、こびり付いてしまった水アカを取るのはとても大変ですよね。
ましてや、在来工法でタイルや木材を使っていた場合、タイル目地や木材の繊維の間などに入り込んだカビや汚れは擦ってもなかなか落ちないやっかいものです。
浴室と換気は、汚れをつきにくくする、防カビという意味で、切っても切り離せない関係にあります。

また、浴室用の液体洗浄剤などは、必ず換気をしながら使わなければ危険なものもあるので、
そういった点でも、浴室換気は非常に重要です。
あらためて換気について考え、より清潔で快適な浴室へのリフォームを目指しましょう。

 

●防カビ

常に高湿度にさらされている浴室の汚れの中で、一番やっかいなのは何と言ってもカビ。
一旦取り除いたつもりでもすぐに発生してしまうので、快適なバスタイムの天敵です。
しかも、カビはほんの少しの汚れでも栄養にして育つので、油断大敵!
抗菌処理や防カビ対策を施したシステムバスやバスタブなども多くありますが、それでもカビを100%シャットアウトすることは無理だと言われています。

とりわけ、防カビ対策が重要なのが在来工法で、床・壁・天井を塗装壁で仕上げた浴室です。
塗装壁は湿気を吸いやすいため、しっかり換気をしなければカビの温床になってしまうのです。
木製のバスタブの場合、檜のように素材自体が抗菌能力を持っているものは比較的安心ですが、檜ほどの抗菌性を持たない木材も風呂桶材料として多く使われています。
リフォームで木製の風呂桶にした場合には必ずその材質を確認しましょう。そして塗装壁も木製の浴室も、あらかじめ抗菌・防カビ対策を施しておきましょう。

 

●水アカ

カビ以外の浴室の主な汚れは水アカ。
これは浴室の材質などとはあまり関係なくたまってくるものです。
水アカによる汚れを防ぐには、日頃からのまめなお掃除が大切です。
なお、システムバスの場合は、メーカーの方が掃除に最適の洗剤などを心得ている場合があります。
また、在来工法の業者でも、適切な清掃方法を知っている場合がありますから、リフォームの際に確認してみましょう。

 

場所や施工事例を自由に選べる格安リフォーム。工事つき料金表示で追加料金一切なしのワンプライス。理想の家づくりをお手伝いいたします。

格安リフォーム工事 リフォームで住まいをアップグレード